消費者金融の借入審査で通過の条件やポイントを調べてみました。

安定収入のある満20歳以上の方でしたら審査通過はOK!

 

とっても利用しやすく申し込み当日にお金を借りることの出来る消費者金融ですが、申し込みをしたからといって、誰でも確実に融資を受けられるとは限りません。

 

キャッシングカードを発行してもらうためには、各消費者金融で定める審査に通過しなければいけなく、もちろんその審査を受けるための最低条件も決められています。

 

ただ単にカードローンといいましても、消費者金融や銀行、信販会社、クレジットカード会社など様々ありますが、ここでは消費者金融の借入審査で通過の条件やポイントに的を絞ってご説明していきます。

 

まず申し込みの最低条件についてですが、年齢が満20歳以上であることが挙げられ、未成年のご利用は出来ません。

 

そして申込者本人に安定収入があることが絶対条件となるため、無職や就職活動中などの利用は出来ませんのでご注意ください。

 

これら2つの条件を満たしていることで、始めて消費者金融へ申し込みが可能になるのですが、それでも「審査に落ちた」という方は大勢います。

 

消費者金融の審査では個人信用情報機関に記録されている申込者の過去と現在の借入状況を詳しく調査するため、現状借入件数が多かったり、過去に返済遅延をしていると審査通過は難しくなります。

 

また申込書に書かれている内容に嘘偽りがあると、他の項目で問題無いと判断されたとしても、融資実行を見送られてしまうこともありますのでご注意ください。

 

申込書にはきちんと正しい情報を記載するようにしてください。

 

一つの消費者金融の審査で断れた時、またすぐに別の消費者金融で審査を受ける人も中にはいらっしゃいますが、短い期間での連続申し込みは審査をさらに不利にしてしまう要因となります。

 

一度断られてしまったら、数カ月程度の期間を置いてから再度申し込みをしましょう。

 

また大手消費者金融では借りられないからといって、街金や中小サラ金の利用を検討される方も多いですが、それら中小の貸金業者の中には闇金が潜んでいるケースも実際のところ多いので、利用は避けるようにしてください。